女性のための薄毛対策では、急増している薄毛で悩む女性へ薄毛対策の情報をお届けします。

正しいシャンプーの仕方

正しいシャンプーの仕方

自分に合ったシャンプーを見つけても、間違った使い方をしていては意味がありません。 シャンプーは薄毛対策の第一歩。正しいシャンプーの仕方をしっかりと身に付けましょう。
 

まずは、ブラッシング

毛先から順に軽くブラッシングをします。
頭皮の汚れやフケを浮き上がらせたり、髪の絡まりを防いでシャンプー時の髪への負担を軽くすることができます。

お湯で洗う

濡らす程度でなく、髪を十分にお湯で洗います。(2〜3分程度)
これにより、毛髪の汚れの大半を落とすことができ、シャンプーの泡立ちが良くなります。

シャンプーを付ける

1箇所に集中しないように数箇所に分けてシャンプーを付けます。
髪が十分に濡れている場合は原液を付けても構いませんが、ダメージヘアの場合は手で泡立てた後で髪に付けるようにします。

指の腹でマッサージするように洗う

指の腹で皮脂や汚れを揉み出すように、髪の生え際から頭頂部に向けて地肌をマッサージするように洗います。
強くこすったり爪を立てたりするのはやめましょう。痒いからといって爪を立てて洗うと頭皮を傷つけます。傷ついた頭皮は乾燥してフケの原因になったり、痒みが増してしまいます。
汚れが酷く泡立ちにくい場合は二度洗いします。(二度目はシャンプー剤を少なめにします)

念入りにすすぐ

刺激の少ないシャンプー剤でも、頭皮に付いたままだとフケや痒みの原因になります。
シャンプー以上に時間をかけて、念入りにすすぎましょう。

リンスやコンディショナーを使う

リンスやコンディショナーを髪全体になじませます。
このとき、頭皮に何かしらの効果があるリンスやコンディショナー以外は地肌に付けないようにします。
髪に付いたリンスやコンディショナーは簡単には取れませんが、頭皮にリンスやコンディショナーが残るとフケや痒み、臭いの元になりますので、十分にすすぎ流すことが大切です。

タオルドライ

乾いたタオルで髪を挟むようにして水分を丁寧に拭き取ります。
髪をこすり合わせるように拭くと枝毛の原因になるので注意しましょう。

ドライヤーで乾かす

ドライヤーは風量を強くし、なるべく髪から放して乾かすようにします。
生乾きのまま寝ると、髪を傷めるだけでなく、頭皮の雑菌が繁殖してしまいます。
髪だけでなく頭皮もきちんと乾燥させることが大切です。
 
   オススメ★シャンプー
   【haru 黒髪スカルプ・プロ】←【抜け毛】【白髪】【育毛】のケアがこれ1本!

   女性用育毛剤 売れ筋ランキング!
   1位 <<<1位はコレ!>>> 31種有効成分の無添加育毛剤
   2位 無添加・無香料・低刺激【ベルタ育毛剤】
   3位 累計販売本数400万本!天然みかんの女性用育毛剤【黄金樹】
 
   女性のための頭髪治療
   >>無料カウンセリングはこちら 【ヘアメディカルビューティー】
   ※TV放映により予約が取りにくくなっております。
 
   無料レポート『薄毛を予防する7つの習慣』プレゼント!
   >>詳しくはこちら
 

薄毛対策:ヘアケア 記事一覧

| 女性のための薄毛対策TOP | 薄毛対策の基礎知識 | 女性の薄毛・脱毛症の種類 | 薄毛対策:ヘアケア | 薄毛対策:生活習慣の見直し | 薄毛対策:ヘッドスパ | 薄毛対策:女性用育毛剤 | 薄毛対策:女性用かつら | 薄毛対策:自毛植毛 | 薄毛対策:まとめ | 女性の薄毛Q&A | 薄毛対策リンク集 | お問い合わせ |